スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイヨンヌ2   オスピタル

今にも雨が降りそうで降らない天気            結構晴れ男です(笑

ちなみに バスクに行くのに避けたい月 ナンバーワンは3月だそうです (殆ど雨だそう)


2011_0302_221622-DSCF0156.jpg


バイヨンヌからタクで高速道路の64号線を通りbriscousあたりから更に山の方へ 地図で見るとバイヨンヌより右下におりてきてます

hasparren と言う村  途中の牧場だらけの間に工房があります  



2011_0302_221608-DSCF0155.jpg

rouis ospital ルイ オスピタル  

2011_0302_222041-DSCF0159.jpg

良い景色

2011_0302_222155-DSCF0161.jpg
田舎です

昼飯中の為 15分待てと 従業員の兄ちゃんに言われ  その辺うろうろ


マダム到着


挨拶なんかもかわしつつ



早速中へ マダムのイボンヌです   去年ルイオスピタルは亡くなられ 今は息子のエリックが後を継いでやってます  





2011_0302_223451-DSCF0167.jpg



そうです   ここはヒロシの居たとこです
   

(ヒロシの説明は省略で  知りたい人は2010の4月位のブログを探してね!)




2011_0302_222858-DSCF0162.jpg

2011_0302_222909-DSCF0163.jpg


出来た生ハムが旅立つ寸前の部屋  写真はアルティザン金賞のイバイオナ


2011_0302_223000-DSCF0164.jpg

で 熟成冷蔵庫  写真は無いですが隣に塩漬けなどをする作業部屋があります  

2011_0302_223525-DSCF0168.jpg

テート に サラミ  生ハム以外にも豚物はほとんどつくってますので 生ハム以外の熟成庫です

2011_0302_223537-DSCF0169.jpg


2011_0302_224139-DSCF0178.jpg
出来上がった生ハム以外の商品の保管庫
 
{あんなんや こんなんまで レストランに卸してるやで!}  と 何でも喋るイボンヌ  バスク弁です(笑

2011_0302_224221-DSCF0181.jpg
パテ、テリーヌ、ソーシッソン 、サラミ、コンフィ 他  なんでも作ります

2011_0302_224431-DSCF0182.jpg



で  生ハムの熟成部屋は別にあります   
2011_0302_225018-DSCF0186.jpg


風通しのよい小屋が熟成室です
2011_0302_225059-DSCF0190.jpg

フランス、パリのレストランやフォーションなど旨い店は殆どオスピタルを使います
2011_0302_225236-DSCF0194.jpg
出来上がる前から レストランの売約済み

オスピタルの仕事の哲学は

自分がよいハムを作ることは これに関わる人~豚の養育農家、、その餌の作り手、材料を供給する人、

売るお店、レストランで仕事をする人にいたるまで、皆が共によりよい仕事をすることにつながり、ひいてはみな

がより豊かな生活を実現することにつながるのだという責任 

この気持ちを大切にしたいので、経営拡大は考えず、先代からの今の形を守っている そうです


2011_0302_233300-DSCF0198.jpg


で 優しいマダムの家でカフェを頂き ブティックへ  味見をさせてくれるそうです(この時点で結構腹ペコ)


2011_0302_233829-DSCF0203.jpg

車で10分ほど走ると小さな町があり そこにブティックはあります


2011_0302_233811-DSCF0200.jpg

2011_0302_233823-DSCF0202.jpg

2011_0302_233954-DSCF0205.jpg

金賞受賞ハム イバイオナは、厳選された餌で育てられた生後11ヶ月の豚(180kg)
の腿肉で、15ヶ月~20ヶ月の歳月をかけて作られます

普通のジャンボンバイヨンヌは フランス南西部で育つバイヨンヌ豚「ポーク・ド・ヌストゥ」で作ります
ヌストゥとはバイヨンヌの方言で自家製のことだそうです
農家が自ら作り出した豚ということです

飼育餌は麦、トウモロコシ、豆などの植物性蛋白質、魚脂や動物性飼料は与えない。また、豚舎が中心ですが、屋外での牧豚も行っており、その際には草なども食べる

<ラージ・ホワイト種 50%><ランドレース種 25%><ピエトレン種 25%>


おみや も散々頂きまして 自分も散々買い込みまして (無事に関空から出れれば良いが!)

ヒロシの宅配なんかも頼んでたので バタバタマダムは忙しく 生ハムとサラミのデギュスタションはすっかり忘れている模様(泣


と 色々マダムに良くして頂き お別れの時間  タクシーを呼んでもらおうと頼むと 

「こんな田舎にタクシーなんかいないわよ 私がバイヨンヌまで送ってあげる」みたいなことまで言ってくれます  
そうとう 良い人です  

無事にタクシーは来て オスピタルとはお別れです  

腹もペコペコ ヒロシ経由でバイヨンヌのお勧めレストランを予約済み







「さあ バイヨンヌに戻って生ハムを食いまくってやる!」                    







バイヨンヌ最終章に続く   
    


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koin+

Author:koin+
このブログはレストランコーインとは一切関係御座いません!
メディア関係、料理評論家、なんちゃって評論家の方は読まないでください!(笑

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。